お尻が小さいと羨ましがられるけど悩みもあります!

日本人のお尻は扁平で肉厚感のないお尻が多いですが、
やはり外国人のようなぷりっとしたお尻に憧れています。
そのため、イスに座るときは、お尻の丸みをなるべくつぶさないような座り方をするようにしています。
イスに深くべたっと腰かけると、お尻の丸みもつぶれてしまいますし、姿勢も悪くなります。
お尻の下のほうでちょこんと腰かけるような感じで座るように心がけると、

 

姿勢もよくなり、体幹をきたえることにもつながるのではないでしょうか。
また、下着との擦れでブツブツができやすいので、下着はTバックを履くようにしています。
一時期、Tバックではない普通のショーツを履いていたところ、お尻がザラザラになってしまいました。
やはり布との摩擦がよくないのだと思います。

 

お風呂上りは保湿とマッサージを兼ねて、必ずクリームで手入れをするようにしています。
特にお尻と太ももの境目などはセルライトもできやすいので、しっかり手入れしてあげることが必要だと思っています。
お尻は年齢とともに、どうしても重力に負けて垂れてきてしまうので、予防のために毎日スクワットをしています。
スクワットは正しいやり方をすると、非常にお尻によく効きます。
私のやり方は腕を前に伸ばした状態で、脚を肩幅に開きます。
そして、そのまま腰を後ろに落としていくような感じで、太ももと床が水平になるまで腰を落とします。

 

このとき、つま先よりひざが前に出ないように気を付けます。
このスクワットのやり方ですと、太ももとお尻にしっかり負荷をかけてあげることができます。
また、四つん這いになって、片足ずつ足を跳ね上げる運動、
ひざを立てて仰向けに寝転がり、腰から足を持ち上げる運動などをしています。
自分の身体を後ろから見ることがなかなかないため、気づかないことが多いのですが、
やはり後ろ姿が美しいと思うのは、お尻がキレイな女性だと思います。
日々の努力は欠かせません。